横浜市内の配達・配送・運送なら株式会社レイドバック

045-944-6504

横浜市内の配達・配送・運送なら株式会社レイドバック

Laidback
email us 045-944-6504 menu

開業サポート

お客様の気持ちのこもった

開業サポートとは PRACTICE SUPPORT

開業とは?

開業とは、ひとつにはあなたが社長になるということを意味します。しかも、社長になるということは、責任の重さもひとりで背負わなければなりません。仕事上のミスやトラブル、病気、事故などが起こった時、会社組織がフォローしてくれますし、税金・保険・年金も、すべて会社が一括処理してくれます。
ところが、個人事業主として事業を始めるにあたり、すべて自己責任で処理をしなければなりません。国民年金や国民健康保険への切り替え、個人事業の開業届出書の提出、確定申告(青色申告承認申請、所得税、住民税、事業税、消費税)などの手続きが必要になってきます。

当社では、開業時に発生する、手続き書類の提出を全面サポートいたします。

開業サポートとは?

当社では、開業サポートとして、下記のようなサポートを行っています。
一、陸運局へ提出する営業許可申請書類の作成・提出代行
一、車輌購入のサポート
一、現場(配送センター)の見学・研修
一、荷物の積み込み、配送の仕方、接客対応、作業の仕方など、諸々のノウハウを提供
一、その他、困った時のサポート
一、個人向け労災
 ・・・個人事業主として運輸業などにたずさわっている方々は、 労災保険に加入できることになっています。
  ・・・労災保険制度に加入していると、無用なトラブルを避けることができます。
一、傷害保険あっせん
 ・・・傷害保険とは、不慮の事故によりケガを負った結果、入院・通院・死亡となった場合に支払われる 保険金です。
 ・・・傷害保険に申し込む際には、生命保険のような健康状態の診断は不要です。
 ・・・保障範囲もさまざまなので、自身や家族の負担を減らす事が出来ます。
一、自動車保険の手配サポート

開業までの流れ FLOW

求人広告からの問い合わせ

求人広告からの問い合わせ

私にできるだろうか? と、あれこれ悩む前に、まずはご相談ください。
「声を聞いてから考えよう」でも結構です。

当社での面接

当社での面接

当社の事務所までご来社いただき、面接を行います。その際、業界の仕組み、業務内容、研修の仕方、個人事業主とは? について、懇切丁寧に一からご説明いたします。

現場見学

現場見学

ご自身の希望する収入、働き方、勤務時間などをヒアリングした上で、希望者には作業のイメージを掴んでもらうために、希望するイメージに見合った配送現場、配送センターなどを見学していただきます。また、実際に一日、軽自動車の助手席についていただき、一緒に配送先を周りながら、配達の仕方を見てもらいます。

業務委託契約

業務委託契約

ご自身による契約合意の意思が固まったら、業務委託契約を結びます。もしご自身の車輌を用意できない方は、短期で車輌をリースすることもできます。開始当初はリースで始めてから、仕事に慣れてから自己所有の車輌を購入していく方法も採ることが可能です。

陸運局への書類作成、書類申請、営業許可

陸運局への書類作成、書類申請、営業許可

配送業務を遂行するには、国から営業許可を取得しなければなりません。そのために、陸運局に提出する貨物軽自動車運送届出書が必要になります。その一連の書類作成、書類申請の作業を当社で全面的にサポートいたします。

現場

現場

晴れて、待ちに待った社長としての一日が始まりました。あなたのやる気次第では、即日から始められます。配送業は、サービス業です。安全、安心、笑顔を忘れず、気持ちのいい仕事をお願いいたします。

1日の流れ FLOW OF THE DAY

バリバリ型の例

  • 朝1
    1配送センターに出勤

    事務所には寄らず、直接、車輌でセンターに向かいます。

  • 朝2
    2荷物の積み込み

    荷物の時間指定や配送場所を見ながら、荷物を仕分け、積載を行います。その際、積載方法にによって配送時間もかなり影響しますので、ベテランスタッフが積載のノウハウを提供します。

  • 朝3
    3出発
  • 朝4
    4午前の配達

    時間指定の荷物から配送を始めます。

  • 朝5
    5午前中分の配送終了

    時間指定をしていない荷物や午前中指定の荷物の配送が終了します。

昼食

午後

  • 午後1
    1午後便の配送開始

    追加の荷物や、午後の時間指定、不在分の荷物を配送します。

  • 午後2
    2夕方・夜の時間指定便の配達

    日中に不在だった自宅へ配送に行きます。

  • 午後3
    3センターに戻り、残った荷物を下ろします。
  • 午後4
    4午後の配送終了

    荷物の配送を終えると、センターに戻って、代引き分の入金をします。荷物の配送を終えると、センターに戻って、残った荷物をおろし、代引き分の入金をします。現場によっては、クライアント先の倉庫、店舗、スーパーなどに直接荷物を受け取りに行ったりすることもあります。

帰宅

マイペース型の例

  • 朝1
    1配送センターに出勤

    事務所には寄らず、直接、車輌でセンターに向かいます。

  • 朝2
    2荷物の積み込み

    荷物の時間指定や配送場所を見ながら、荷物を仕分け、積載を行います。その際、積載方法にによって配送時間もかなり影響しますので、ベテランスタッフが積載のノウハウを提供します。

  • 朝3
    3出発
  • 朝4
    4午前の配達

    時間指定から配送を始めます。

  • 朝5
    5午前中分の配送終了

    時間指定をしていない荷物や午前中指定の荷物の配送が終了します。あるいは、荷物の配送を終えると、センターに戻って、代引き分の入金をします。荷物の配送を終えると、センターに戻り、残った荷物をおろし、代引き分の入金をします。現場によっては、クライアント先の倉庫、店舗、スーパーなどに直接荷物を受け取りに行ったりすることもあります。

jump to Top